アルパカンガエ

アルパカタログ中の人のブログエッセイと日記

雑記ブログという自由帳

雑記ブログではじめたアルパカタログ。

※ちなみに元々はアルパカの知恵というタイトルだった

アルパカタログ | 総合エンタメメディアを目指す趣味全開の雑記ブログ

 

雑記、特化、資産、トレンド。

どれもこれも、ブログを始める前には馴染みがなかった言葉。

 

某ヒトデさんに影響されてはじめたブログだったこともあり、雑記ブログという入り口から入った。

これが正解だった。

 

自分自身の分裂する人格というか、思考みたいなものを納めるにはちょうどよい。

なんでも書けるからこそ、筆は止まないし、楽しめた。

 

音楽、映画、アニメ、漫画、小説、舞台、お笑い、ネット。

あらゆるメディア・媒体への興味が雑多な自分を表現する場となった。

いうならば、自由帳である。

 

どれだけ落書きしても良い。

どれだけ書きなぐっても良い。

 

不出来なページは破ってもよいし、前のページをうっすらとぼやかしながら、類似の絵を描いても良い。

全ては自由であり、全ては着想である。

 

しかしながら10ヶ月もやっていると、自然と背景線みたいな物が見えてくる。

過去の記事の残影、周囲の反応みたいなものが蓄積されていくのだ。

 

その無数にははりめぐされた補助線は、方眼ノートの如く、思考を制限する。

自由な曲線は消え失せ、型にはまった直線を書いていた。

 

自由は常に移り変わる。

また、新たな自由帳を求めて、旅立つ時が来たのだと思う。