ソノヒノ

その日の思考と行動

ブログをはじめたことによる変化

2018年2月にブログをはじめて約8ヶ月が経過した。

アルパカタログ | 総合エンタメメディアを目指す趣味全開の雑記ブログ

 

大いなる躍進やら、友達がたくさん増えたやら、人生変わりました!

…みたいなことを大声で語れるほどの実績ではない。

 

しかし、変化はあった。

 

趣味であるエンタメ作品を読むこと、観ること。

それに付随して考えていた諸般のこと。

その作品が持つ意味とは、作者の意図とは、物語の価値とは何か。

 

いうなれば思考であり、洞察である。

 

元々は内面でゆっくりと熟成されていたそれは、ブログという場を得ることにより、腐ること無く離散することもなく、たしかな言葉となってこの世に残ることになる。

 

形になること。

生きた証になること。

 

それ自体が価値を持つわけではない。

しかし、脳という暗室から陽の目を浴びた思考は、誰かのもとに届き、他者の脳の電気回路の一部となって、この世を循環する。

 

ジーンというよりも、ミームとしての自身がそれを喜ぶ気がしている。